「上海での思い出も期待」

俳優クオン・サンウが映画スタッフと共演俳優に意味深いプレゼントを贈った。

クオン・サンウは自身のウェイボーに「『敵とのハネムーン』の済州(チェジュ)での最後の撮影を控え、共にしたスタッフと共演俳優に思い出をプレゼントします。上海での思い出も期待。済州で…サンウ」というメッセージと共に数枚の写真を公開した。

クオン・サンウがウェイボーに公開したのは、済州での撮影現場と同僚にプレゼントしたセルカ棒(自分撮り写真が撮りやすい棒)を収めた写真だ。クオン・サンウは済州島での最後の撮影を記念して、現場スタッフと同僚俳優にセルカ棒で特別な思い出をプレゼントしたのだ。

写真でクオン・サンウは、自身がプレゼントしたセルカ棒で写真を撮るスタッフとポーズを取るかと思えば、自らセルカ棒を利用してスタッフと自身の姿を写真に収めるなど、ムードメーカーの役割を果たしながら同僚たちと済州撮影の思い出を残した。

クオン・サンウはロマンチックコメディ映画『敵とのハネムーン』で、中国の人気女優キティ・チャンと共演している。『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督が監修を務めて話題を集めた中国映画『敵とのハネムーン』は、済州と中国・上海で撮影を進行する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-