ようやく事件終結

俳優イ・ビョンホンを脅迫した疑いで起訴されたガールズグループGLAMのメンバーダヒとモデルのイ・ジヨンに懲役刑が宣告された中で、イ・ジヨンの母が立場を伝えた。

KBS 2TV「演芸街中継」で、イ・ビョンホンを脅迫した疑いで起訴されたガールズグループGLAMのメンバーダヒとモデルのイ・ジヨンのニュースが伝えられた。

この日イ・ジヨン側の弁護士は裁判の後、刑が科されるという意見に「見る観点によって異なる場合があると思う」と明らかにした。続いてイ・ジヨンの母は最終判決後、「何も考えられない。本人(娘)が計画犯行だと罵倒されていることについて、とても悔しかったが、それでもある程度は今帰る状況では、ほとんどの方があの子の立場を理解してくださっているので、その部分についてはもどかしい部分は解けた」と明らかにした。

続いてテキストメッセージの真偽について「あの子が自慢していた部分もあるし、ワールドスターで不思議だからグループチャットでも話して聞いていた」と述べた。

また、「子供たちが物議をかもした点を謝罪したい。子供を間違って育てた罪を反省しながら生きる。本当に申し訳ない」と頭を下げた。

裁判所は「提示された証拠を見てみると恋人から一方的な別れの通報を受けたイ・ジヨンが侮蔑されたために行った行動というよりも、金銭的な動機が優先された計画的な犯行と見ることができる。したがって、控訴事実の有罪が認められる」とイ・ジヨンに懲役1年2ヶ月、ダヒに懲役1年を宣告した。

裁判の結果を見てみると、裁判所は、確実にイ・ビョンホンの手を取った。1次公判から恋人関係を主張したイ・ジヨンさんの言葉は受け入れられず、「偶発的な犯罪」だという彼女らの主張も「脅迫の故意と計画性がうかがえる」と判決した。事件の被害者イ・ビョンホンの主張をすべて受け入れたのだ。

それでもイ・ビョンホンの世論は依然として分かれている。裁判所でも判決末尾に「但し、被害者の既婚男性が、自分より年下の女性と会い性的な冗談を発するなど、事件の口実を提供したという点は考慮に入れた」と述べていたように、イ・ビョンホンの行動を非難している。事実上は勝利に終わったが、今回の事件で失墜したイ・ビョンホンのイメージはまだ進行中である。

一部では、イ・ビョンホンの世論を指摘し、「デビュー後、最大の危機」という表現を使ってもいる。しかし、24年目俳優で一度も残念な演技を見せたことのなかったイ・ビョンホンである。今年だけでイ・ビョンホン主演の映画が3本も公開を準備しているだけに、これらの映画への観客の評価に注目が集まっている。