29日放送に向かってカウントダウン!

KARA/ハラ:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

ガールズグループKARAのハラが自身を取り巻くゴシップに対しての内心を涙と共に表わした。

ハラはDSPメディアの公式YouTubeアカウントを通して公開されたMBC MUSIC「ハラON&OFF」のティーザー映像1編「正直ハラ」で、自分自身を取り巻くゴシップに対して内心を告白した。「休みのない練習で自分に厳しく鞭を打ちながら、生まれ変わっても、この仕事が私の道」と述べた。

18歳という若い年齢でKARAに加わり、成功的にデビューしたハラは、夢を成し遂げたという喜びもつかの間、誰よりも苦い成長痛を経験してきた。根拠のないスキャンダルと各種の議論など、小さな誤解が雪だるまのように増えてアンチファンたちの集中攻撃を受けた。彼女にとっては致命的になるような痛い傷だが他の人には派手な外見に包まれ、軽く当然のように思われるので、苦しい心境を周囲に打ち明けても“スター”ハラにはそれすら容易ではなかった。

「ハラON&OFF」の制作陣は22日に公開された1編「正直ハラ」を皮切りに、「ゴシップハラ」、「ご飯を食べるハラ」、「熱狂ハラ」など7つのバージョンのストーリーティーザー映像を28日まで毎日1本ずつ公開する予定である。