韓国俳優ハ・ジョンウ(42)が、ソウル・ファゴクドン(禾谷洞)所在のビルを119億ウォン(約11億8000万円)で売却したことがわかった。

 去る5日、土地建物情報プラットフォーム「バリューアップマップ」によると、ハ・ジョンウが2018年7月に約73億7000万円(約7億3000万円)で購入したビルが、ことし3月に119億ウォンで売却されたという。単純購入金額、売却額だけで計算するとハ・ジョンウは45億7000万円(約4億5千万円)の差益を得たことになる。

 このビルは地下鉄5号線のモクドン(木洞)駅から985メートルの位置にあり、スターバックスが入店している。スターバックスが2031年まで15年間の長期レンタルした建物で、周辺の流動人口が多い場所と伝えられている。

 一方、ハ・ジョンウの売却でこの不動産の土地取引単価は62%上昇。ハ・ジョンウが購入した2018年7月当時は3.3平方メートルあたりの単価が2984万ウォンだったが、売却取引が成立したことし3月には3.3平方メートルあたりの単価が4844万ウォンに上昇した。