SMエンタテインメントのプロジェクトグループ「SuperM」が世界的な慈善団体Global Citizenと共に全世界の新型コロナウイルス克服のために力を添える。

Global Citizenが23日(現地時間)発表したところによると、「SuperM」は新型コロナウイルス克服に向けた活動に参加及び基金作りを促すキャンペーン「RECOVERY PLAN FOR THE WORLD」にK-POPアーティストとして唯一名を連ね、グローバル影響力を立証した。

 今回のキャンペーンは新型コロナウイルスの終息、飢餓危機克服、教育拡大及び支援、地球環境保護及び社会的平等のために行われるもので、ビリー・アイリッシュ、「コールドプレイ(Coldplay)」、ヒュー・ジャックマン、マイリー・サイラス、アッシャーなど世界的なアーティストたちが参加する。

 さらに欧州連合委員長のウルズラ・フォン・デア・ライエン氏をはじめ、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、米国のジョン・ケリー元国務長官など計21の政府と国連も支持の意思を表明した。

 特に「SuperM」は昨年10月、世界市民の精神健康のためのWHO主催オンラインイベント「The Big Event for Mental Health」、レディー・ガガがWHO、Global Citizenと力を合わせて主催した超大型オンラインチャリティ・コンサート「One World: Together At Home」などに参加しており、絶えず良い影響力を与えている。