最近、“自発的シングルマザー”で母親になった韓国で活動している日本人タレントのサユリ(藤田小百合/41)がアパート火災で非難することがあったとし、「生きていることに感謝する」と伝えた。

 サユリは23日、Instagramに「きょう午前、うちのアパートの地下で火災が起きて、うちの家の窓まで煙が上がっていた」とし、「子どもの面倒を見てくれるおばさんと一緒に避難しようと、おばさんはゼンを抱いて、わたしは子犬を抱いて飛び出した」と綴った。

 続けて「下に下りるほど階段からも煙が上がり、出口が見えない恐怖感で心臓が止まってしまいそうだった」とし、「何より3か月の息子に何か起きるのではと、とても怖かった」と付け加えた。

 サユリは「外に出てすぐ息子の状態を確認したが、息子は小さな口で一生懸命号泣していた」とし、「息子がこの瞬間に無事に生きていることに感謝し、すべての人に感謝した」と述べた。

 また緊急事態の中、避難先を訪れたカフェで起きたことも記した。サユリは「アパートの向かい側にあるカフェに入った。息子は寒くてぶるぶる震えていたし、温かくて安全な場所にいるようにしたかったが、店員が先にQRコードを使わないといけないと言った」と話した。

 続けて「急いで出てきたのでおばさんが携帯電話を持って出てこなかったと、私たちの状況を説明したが、それでも店では飲めないと言った」とし「唇が青くなった息子を見せて、少しでも室内にいさせてほしいと言ったが、最後までだめだと言われた。他の店のように人的事項を書いて、入店させてくれたらどんなに良かったかと思った」とした。

 最後に、「この文はそのスタッフを批判する目的でもなく、その方も自分の義務を果たしたことだった」としながらも、「しかし、一児の母親として、人間として子どもが寒くて震えている状況で、携帯電話がないという理由で店から追い出さないでほしい」と付け加えた。