韓国男性歌手パク・ユチョン(34)の元婚約者で南陽乳業創設者の孫として知られるファン・ハナ(32)が、4億ウォン(約3600万円)相当の外車を盗まれたと主張し、血まみれの写真をSNSに投稿し波紋を広げている。

 17日、ファン・ハナはSNSに「XXX電話しろ、XXX」というコメントと共に、リストカットしたとみられる腕の傷と血痕の写真を投稿した。

 これを前に、ファン・ハナは「歳をとってからこんなこと幼稚だからしないのだけれど、編集して言葉を変えて、まず全てを許すから4億(ウォン)の盗んだ車を全部持って来てよ」と窃盗犯に対して投稿。

 また「猫を殺すと言って、その子を監禁して、驚いて行ってみると私の恋人までXXにして、私をXXにした」とし「全部録音した」と記載した上で、自身の腕とみられる部位を傷つけ、周囲に血が飛び散っている場面を写真で投稿した。(Xは韓国語のスラング)

 その後、ファン・ハナは該当写真を削除し「つらかったけど、誤解は誤解で、釈明はしない。言いたいことも言わないし、口も耳をふさぐ!わたしも、つらすぎて疲れる」など新たな投稿を追加していた。

 一方、ファン・ハナは南陽乳業創設者の孫として知られ、昨年キョンギド(京畿道)の某総合病院に入院していた際、薬物違法投薬容疑で警察に緊急逮捕された。ファン・ハナは聴取で、歌手パク・ユチョンに誘われて麻薬に手を出したと主張。当時、パク・ユチョンはこれを否定していたが、麻薬検査で陽性反応が出たことで拘束された。その後、パク・ユチョンは懲役10か月・執行猶予2年、ファン・ハナは懲役1年・執行猶予2年、保護観察および40時間の薬物治療プログラム受講、220万560ウォン(約21万円)の追徴金を命じられた。