韓国ボーイズグループ「MCND」が、インドネシアの有名メディアに相次いで登場。現地での”熱い関心”を立証している。

去る9日、インドネシア有名メディア「IDN TIMES」に「MCND」のメンバー フィジュンに関する記事が掲載された。

メディア「IDN TIMES」は、フィジュンについて「”ゴールデンボイス”をもつメインボーカリスト」と紹介した上で「ダンスの実力も疑いの余地がない」と賞賛した。これを前に「IDN TIMES」は「MCND」のメンバー別の記事を掲載し、現地での高い注目度を立証していた。

これまで「MCND」は、何度も「IDN TIMES」から特集されていた。ことし3月、「IDN TIMES」は「MCND」について「ヒップホップジャンルの新人グループとして、パワフルなイメージを作り上げるのに成功している」と説明した。

また「MCND」の現地での高い人気は「Spotify」を通しても立証されている。

先月(11月30日)基準で「MCND」のSpotifyリスナー都市別集計の結果、インドネシア・ジャカルタのリスナーが最も多いことがわかった。国単位でみても、米国に続きインドネシアが2位を記録。このようにグローバルな人気を誇る「MCND」の今後の活躍に期待が高まっている。