韓国ボーイズグループ「EXO」KAI(26)がファンらに感動し、突然涙した。

KAIは11月30日午後、V LIVE公式チャンネルを通して「KAI:THE OPENING LIVE」とのタイトルでライブ放送をおこなった。ソロアルバムの発売を記念した進行された同ライブでKAIは、ファンらの手紙を読みながら感動の涙を流した。

この日、KAIがファンから寄せられた手紙を読む時間が組まれ、愛情詰まった手紙を読み感極まった彼は結局、高校3年生の学生からの手紙に涙を見せた。

自身を高校3年の受験生だと明かしたそのファンは手紙に「最も笑って幸せだった瞬間がオッパ(年上の男性に対して使用する言葉/ここではKAIのこと)が『私は1人で暮らす』に出演した時だ。番組を見ようと、予めどれだけ勉強したか分からない」と綴った。また、「大学修学能力試験(スヌン/日本でいうセンター試験)直前にオッパのソロ曲が出るから、スヌンの日の朝はオッパの歌を聴きながら、テストもうまくいくと思う。ストレスを受けても、オッパを見ればすぐに発散できる」と深いファン心をあらわにした。最後に「受験生活にオッパのような存在がいて幸せだと思う」と付け加えた。

手紙を読みながら涙をおさえ切れなかったKAIは「本当にありがとうございます。全部読まなきゃならないのに、数通読めずに申し訳ありません」と述べた。

KAIはまた「こうして応援してくれて本当に感謝している。スヌン、頑張ってほしい。僕は多くは望まない。僕を応援してくれる方々が幸せであってほしい。僕も皆さんのおかげで幸せだ」とファンらに感謝の気持ちを告げた。