昨年この世を去った韓国ガールズグループ「f(x)」元メンバー、故ソルリさんの友人が家族関係を暴露し物議を醸す中、ソルリさんの実兄がSNSで反論。再び舌戦が拡大すると、翌日に実兄が謝罪した。

故ソルリさんの実兄は、自身のSNSを通して「当時、尊重してくれていた友人たちがこのようなこと(暴露)をするとは… 誰よりも(事情を)よく知っている友人だと?君がそんなことを話せる立場じゃないだろう、その誰よりも混乱するこの時期に『それが知りたい』の撮影に慌ただしいのではないのか。本当にそばいにいた友人なのか、疑問だ」と投稿。

また「(極端な選択/自殺)を止めようと努力したって?僕だったら、そんなことはなかっただろうに?少なくても、あの事件が起きた日、母でなくても僕に教えるべきではないか。家族ではなく友人を選択したということは、それ以上の価値があったからということになるが、君たちは家族以上の待遇を受けていたというのならば、それだけの責任感がなくてはならないだろう。今になってなぜ母を罵るんだ。生前は家族(として)の待遇を受けていながら、ここにきて家族を非難しようとするなんて自分が見てもおかしいと思わないか、なぁ友人たち?」と挑発するような文を残した。

しかし、この長文が投稿された翌14日、故ソルリさんの実兄は突如、謝罪。

14日未明、同じくSNSを通して「過去、妹(ソルリさん)の友人たちに一方的に暴力的な態度をとったこと、たくさんの言い争いの中で暴力的な言動と不誠実な態度を見せた点、私(の言動)のせいでうわさの拡散が助長された事実を傍観したことを申し訳なく思う」とし、「僕たち家族は、妹と連絡を絶ってから長い年月が経った。誤解により、友人たちに濡れ衣を着せる言動をした点をお詫びする。そして友人たち、ファンの皆さん、世の中から受けた関心を悪用し不純な言動を見せてしまった点、僕の不覚で軽率な考えで良くない行動を続けてきたことについて、申し訳なかったとの言葉を伝えると共に、今後反省して生きていく」と明かした。

これを前に、故ソルリさんと”15年来の友人”と名乗る人物がネット上に暴露文を投稿。ソルリさんが生前、金銭問題で家族ともめていたことや金銭管理を理由に実母より「縁を切る」と言われ傷ついていたことなどが明かされ、ソルリさんの家族に対して非難の声が相次いでいる。