軍隊でのエピソードを披露

俳優ユ・スンホが、軍に突然入隊した理由を説明した。

MBC「セクションTV芸能通信」で、ユ・スンホのインタビューが放送された。ユ・スンホは「どうせ行かなければならないんだからという考えだけで行った」とし「赤い帽子を被った助教が見えた途端に『これは違う』と思った。入所と同時に後悔した」と述べた。続いて「射撃担当だった。目をつぶって撃つのも、足で撃つのもどうってことない」と冗談を交え、笑いを誘った。