「既存の芸能界に存在した不公正な慣行が改善されることを願う」

アイドルグループSS501出身の歌手パク・ジョンミンが、前所属事務所との問題を整理して新たに芸能活動を再開する。

パク・ジョンミンは前所属事務所に対し、昨年10月から受け取れなかった収益金2億ウオン相当の損害賠償を請求した。そして3回の調整の末、前所属事務所と法的紛争に終止符を打った。パク・ジョンミン側は「お金を目的に進めた訴訟ではないので、前所属事務所の財政状況などを考慮して損害賠償請求額の最小限の金額を受け入れることにした。これを通じて既存の芸能界に存在した不公正な慣行が改善されることを願うだけだ」と付け加えた。

パク・ジョンミンは昨年9月、日本ヤマハグループのヤマハA&Rと手を握って日本で活動してきた。パク・ジョンミンという名前でソロ活動してきたが、昨年9月にRomeoという芸名に変更した。引き続き昨年11月、ニューシングル「Beautiful」を発売して韓国でも活動した。今後パク・ジョンミンは、韓国はもちろん日本を中心にアジア圏で活発に活動する予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-