受賞の喜びをかみしめた

歌手PSY(36、本名パク・ジェサン)が韓国歌手初のビルボード・ミュージックアワード受賞の栄誉を手にした。

PSYはアメリカネバダ州、ラスベガスのMGMグランドで開かれた2013ビルボード・ミュージックアワードで「トップ・ストリーミング・ソング・ビデオ(Top streaming song video)」部門で受賞者に選ばれた。「トップ・ストリーミング・ソング・ビデオ」はYouTubeなどのSNSやインターネットで最多閲覧数を記録したミュージックビデオに与えられる賞だ。

PSYは「江南スタイル」で受賞の栄誉を手にすることになった。「江南スタイル」は昨年7月の発売以降、16億ビュー以上の閲覧数を記録してギネスに登録されており、すでに受賞が有力であった。この日PSYはテイラー・スウィフト、カーリー・レイ・ジェプセンなどを抜いて受賞の喜びをかみしめた。PSYの受賞は韓国のポピュラー音楽の歴史に残る快挙だ。PSYは韓国歌手初のビルボード・ミュージックアワードに名を連ね、ワールドスターに駆け上がったと同時に、ポピュラー音楽の歴史の1ページを刻んだ。

今回のビルボード・ミュージックアワードでPSYは全6部門で候補に挙がったが残りの部門では受賞を逃した。トップ・ニューアーティスト(Top new artist)賞にはイギリスの5人組アイドルグループのワン・ダイレクションが、トップ・ストリーミング・アーティスト(Top streaming artist)とトップ・ラップ・アーティスト(Top rap artist)部門はニッキー・ミナージュがそれぞれ受賞した。この他にトップ・ダンスソング(Top dance song)部門はバウアーの「ハーレムシェイク」が、トップ・ラップソング(Top rap song)部門はマックルモア・アンド・ライアン・ルイスの「Thrift shop」がそれぞれ受賞した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-