2つのチームは「レインボーステージ」を構えるようになる

韓流バンドCNBLUEとFTISLANDが日本有名ロックフェスティバル「SUMMER SONIC 2013」のステージに立つ。

日本「SUMMER SONIC」公式ホームページは「SUMMER SONIC 2013」のラインナップを公開した。

2つのチームは「レインボーステージ」を構えるようになる。ホームページによればFTISLANDは2010年のイベント時、大阪公演に参加した以来3年ぶりであり、CNBLUEは日本に進出した以後「SUMMER SONIC」ステージに初めて上がる。「SUMMER SONIC」側はCNBLUEとFTISLANDのアリーナツアー、オリコンチャート記録など日本活躍の姿とともにCNBLUEでイ・ジョンヒョンの自作曲「Blind Love」、FTISLANDの「Polar Star」ミュージックビデオを公開して期待感を高めた。

SUMMER SONICは富士ロックフェスティバルとともに歴代ロックフェスティバルとして脚光を浴びる大規模音楽イベントだ。今年は8月10日〜11日、2日間東京と大阪2地域で同時多発的に開かれる。

韓国のミュージシャンがSUMMER SONICに出演したことは2002年ソ・テジが最初だった。以後2011年、BIGBANGと少女時代がそれぞれ特別ゲストに招待されたし、去年には紫雨林が「レインボーステージ」のヘッドライナーとして出演要請を受けた。

一方、CNBLUEは7月24-25日、札幌を始まりに全国のZEPP公演場舞台に上がる。FTISLANDは6月5日3rdアルバム「RATED-FT」の発売とともに15日、宮城を始まりに日本主要都市を回りながら公演する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-