「はやい回復を祈る。本当にごめん」と謝罪

シン・セギョン/ソン・スンホン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

女優シン・セギョンが撮影中に共演俳優ソン・スンホンが振り回した角材が目の近くにあたって打撲した。

今月9日、MBC水木ドラマ『男が愛する時』の撮影中に負傷したシン・セギョンは病院で応急処置を行い、1時間後には撮影に復帰した。目の周囲にあざができ、翌日10日に改めて病院で治療を受けた。

所属事務所ナムアクターズ関係者は「11日に撮影を再開した。化粧で隠しても、少しアザが見える。ドラマに対して熱意を持っており、辺りが引き止めたにも関わらず、撮影を押し切っている」と話した。

ソン・スンホンは自身のツイッターを通じて「はやい回復を祈る。本当にごめん」と謝罪した。

『男が愛する時』はソン・スンホン、シン・セギョン、チェ・ジョンアン、ヨン・ウジンの交錯した愛の物語を描いた作品だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-