「いつでも“KARAが最高”という気持ちは変わらない」 1

こんにちは、KARAのパク・ギュリです。いつ寒かったのかというように、もう初夏の暑さも感じられますね。私がデビューしたのも、すでに今から6年前ですね。20歳でKARAとしてデビューしました。当時私は大学校にも入学して社会にも出てきたので、言ってみれば同時出撃ですね!

変わったことも、そうでないのもあるけど…ウーン。あの時はひとまず本当にやる気がみなぎっていました。ありふれている新人のやる気ではなく、私の人生において最も、自慢ではなく幸せな自信が頂点になった時!

テレビを通じて語ったことがありますが、中学1年の時に初めて事務所に入ってから、色々な試行錯誤を体験して7年間転々としました。そして今の所属事務所DSPメディアに入って、1年でKARAとしてデビューすることになりました。あまりにも幸せだったので、何でも熱心にしようというやる気があったようです。