「A氏が告訴を取り下げた理由や背景は明らかにできない」 1

俳優パク・シフを性暴行容疑で告訴した告訴人A氏が、告訴を取り下げた。

取り下げの背景に大きな関心が集まっている中、告訴人A氏側は理由に対してどのような立場も明らかにしない予定だ。

今月10日、ソウル西部警察署関係者によれば告訴人女性A氏は今月9日、パク・シフと後輩芸能人K氏に対する性暴行容疑告訴を取り下げた。これに伴い、パク・シフ側もA氏に対する相互告訴を取り下げた。告訴人A氏の告訴取下げで準強姦と強姦致傷容疑で検察に送検されたパク・シフが不起訴処分になった。パク・シフが性暴行容疑で訴えられてから83日後の事だった。

その間パク・シフと告訴人A氏が相反した立場を維持してきただけに、告訴人A氏の告訴取下げの背景が気になる。告訴人A氏の弁護人キム・スジョン弁護士は、告訴人A氏が告訴取下げを決めた理由に対して「A氏が告訴を取り下げた理由や背景は明らかにできない。今後も言及しないだろう」と伝えた。キム弁護士は「今後の立場発表に対して計画がない。告訴取下げでパク・シフ氏が不起訴処分され、私は代理人としての役割が終わった」と話した。