自然な演技と纎細な感情演技で「国民息子」として注目される

CNBLUEイ・ジョンシンがKBS 2TV新水木ドラマ「刀と花」にキャスティングされた。イ・ジョンシンの所属事務所FNCエンタテインメント側はキャスティング事実を伝えた。

「刀と花」は武侠スパイ恋愛ドラマで、高句麗ヤン・リュワンの娘のムヨンが父親を殺した淵蓋蘇文(ヨン・ゲソムン)の息子ヨンチュンと恋に落ちた後、復讐と愛の間で迷う内容だ。劇中イ・ジョンシンは高句麗最高剣客である「シウ」として登場する。「シウ」はカリスマあふれる人物だが、高句麗ヤン・リュワンの娘ムヨン(キム・オクビン)には限りなくロマンチックな男だ。彼女を影のように守って一生彼女のみを見守る純情派として扮し、淵蓋蘇文(ヨン・ゲソムン)の息子ヨンチュン(オム・テウン)とはムヨンを間に置いて対立する重要な役を引き受けた。

イ・ジョンシンは3月に人気裏に放送終了したKBS 2TV週末ドラマ「いとしのソヨン」でカン・ソンジェ役として初ドラマデビューし、自然な演技と纎細な感情演技で「国民息子」として注目される次世代演技者として浮上した。

一方、「刀と花」は7月中に放送予定でKBS 2TV「赤道の男」を演出したキム・ヨンスPDとKBS 2TV「ボディーガード」「ママもキレイだ」などを執筆したクオン・ミンス作家が意気投合した作品でキャスティング段階から大きな話題を集めている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-