U−KISSのフンとギソプ、FTISLANDのミンファンがキャスティング

人気男性グループ超新星メンバーソンモが、3年連続で創作ミュージカル『宮』の主人公に抜擢された。

ソンモが出演するミュージカル『宮』は、2010年にソウルで初公演を行って以降、東方神起のユンホ(ユノ)、SS501のギュジョン、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のカンインなど韓流ブームの主役が主人公にキャスティングされて話題になってきた。これと共にミュージカル『宮』はキャスティングだけでなくしっかりとしたストーリーを通じて、伝統と現代が交わった“韓国文化”を伝えて粘り強い人気と固定ファン層を形成してきた。

今回のミュージカルでソンモは2011年、2012年の東京公演に続き、今年も知性と容姿を兼ね備えた皇太子イ・シン役を担って、熱演を広げる予定だ。一方今年は超新星ソンモと共にU-KISSのフンとギソプ、FTISLANDのミンファンが主人公にキャスティングされた。公演は7月5日から21日まで大阪・シアターBRAVA!で開かれる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-