トラブルメーカーのアイドル役の感想を語る

FTISLANDのイ・ホンギが、初めての映画挑戦でアイドル歌手役を演じた感想を伝えた。

イ・ホンギは映画『フェニックス〜約束の歌〜』の製作報告会で「歌手役を受け持って面白かった。実際にはリーダーではないが、劇中にはリーダーを演じてまた他の面白味があった」と話した。

今回の作品でトラブルメーカーのアイドルチュンイ役を担ったイ・ホンギは「元々問題が多くて困難はなかった。模範的ではなく、模範的な人に変わる時が大変だった」と笑いを誘った。イ・ホンギは引き続き「おかげで少しの間だけでも模範的な人だった」と冗談を言った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-