子供達に新しい希望をプレゼントした

俳優ユン・シユンがアフリカボランティアを通じて分かち合いを伝えて来た。

ユン・シユンは3月12日から19日まで8日間の日程でグッドネイバーズ、希望TV、SBSとともにマラウィで適正技術プロジェクトボランティアを終えて帰って来た。適正技術は発展途上国の底所得層のために開発された技術で、貧困状況から来る問題を根本的に改善してくれる善良な技術だ。

今回訪問したマラウィは高い幼児死亡率と雨季が終われば始まる栄養失調で苦しんでいるアフリカの最貧国中の1つだ。ユン・シユンは太陽光エネルギー、植樹、デザインなど各分野の適正技術専門家たちとチームを結成してマラウィの子供達に新しい希望をプレゼントした。

ユン・シユンと適正技術専門家たちは先にホームステイなどを通じて現地家庭を体験したし、各家庭に実際に必要なのが何なのか充分に悩んだ後、解決策の用意に乗り出した。それだけでなく素足生活で傷だらけである子供達の足のために現地で易しく購入することができる素材で誰でも作ることができる履き物をプレゼントしたりした。

ユン・シユンは「アフリカの子供達の人生を直接体験してからこそ不便さ以上の苦痛が感じられて胸が痛かった。現地で直接手に入れることができる材料を利用した善良な技術で子供達に笑顔を取り戻すことができるようになって嬉しい」と感想を伝えた。

一方、ユン・シユンのボランティアは10日と11日、「希望TV SBS」を通じて放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-