新しい演技変身を期待してほしい

俳優ユン・ソナが2年半ぶりにドラマ劇場にカムバックする。

ユン・ソナはSBS新ドラマ「おバカちゃん注意報」でユ・ジョンヨン役を引き受けた。イム・ジュファンの年上の初恋相手であると同時にチョン・ホジンの若妻役で、ユン・ソナは作品の中で極と極の2つの顔を見せてくれる予定だ。

ユ・ジョンヨンは5歳の年下のコン・ジュンス(イム・ジュファン)の心を搖るがすが、自分を心より愛してくれたナ・イルピョン(チョン・ホジン)との結婚を選択して、7歳しか年の差のない主人の娘(カン・ソラ)のために子供を作る事も諦める。同時に衣類会社最高経営者(CEO)である主人と娘を思いのままに翻弄する特別な内助を持った外柔内剛キャラクターだ。

ユン・ソナは2010年KBS2「逃亡者プランB」撮影中に交通事故にあって作品途中に降板した。以後2番目の子供を出産して育児に専念した彼女は先月1日に初放送を始めたストーリーオン育児バイブルプログラム「誕生ミラクルストーリー」のMCとして活躍中だ。

制作社の関係者は「久しぶりにドラマでカムバックするユン・ソナの新しい演技変身を期待してほしい」と頼んだ。一方、「おバカちゃん注意報」は20日に「家族の誕生」の後続として韓国で初放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-