演技変身が注目される

俳優キム・ボムがMBC新月火ドラマ「火の女神チョンイ」を通じて初めて時代劇に挑戦する。

キム・ボムは7月放映予定であるMBC新月火ドラマ「火の女神チョンイ」に女性主人公「チョンイ」のために命をも捧げることができる「キム・テド」役を引き受けて演技変身を予告している。

キム・ボムが劇中で引き受けた「キム・テド」は秀麗な容姿に優れた武技と優しさまで兼備した「完璧男」で、強者に強くて弱者に弱い正義派であると同時に本当の兄弟のように育った「チョンイ(ムン・グニョン)」に対する切々たる純愛を持った人物だ。

キム・ボムは4月に人気裏に放送終了したSBS水木ドラマ「その冬、風が吹く」を通じて義理に生きて義理に死ぬ男「パク・ジンソン」役で熱演を広げて「キム・ボムの再発見」という賛辞を受けた。特に、「その冬、風が吹く」以後次期作の選定に対する熱い関心を受けただけ、彼が初めて挑戦する時代劇「火の女神チョンイ」を通じて披露する演技変身が注目される状況だ。

ここにキム・ボムは「初めて挑戦するようになった時代劇だから緊張もするが、良い俳優の方々とスタッフたちとの呼吸が期待されて最善をつくす」と所属事務所を通じて覚悟を伝えた。

一方、MBC月火ドラマ「九家の書」後続で7月に初放送予定である「火の女神チョンイ」は朝鮮最初の女性陶器匠である「ペク・パソン(ムン・グニョン)」の人生を描くドラマで、MBC「勝手にしやがれ」のパク・ソンスPDとSBS「武士ペク・ドンス」のクオン・スンギュ作家が団結して作る時代劇だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-