「Dream Girl」に続く、新たなパフォーマンス

3rdアルバムChapter 2で新しい活動に乗り出したSHINee(シャイニー)が、タイトル曲「Why So Serious?」の独特なパフオーマンスにも熱い反応を得ている。

先週、衛星音楽番組を通じてタイトル曲「Why So Serious?」のステージを届けたSHINeeは、パワフルなパフオーマンスと優れたステージパフオーマンスが交わったカリスマあふれるステージで、音楽ファンたちはもちろん視聴者たちの視線を一気にひきつけた。

「Why So Serious?」の序盤で両腕を前に伸ばして歩いていく動作と、軸を失ったようにふらついて床に横になってむくっと立ち上がる動作など、まるでゾンビを連想させるメンバーの異色な振りつけは、強烈なパンクロックテイストのダンス曲と相まってSHINeeだけの魅力をさらに倍増させる。音楽ファンも「Why So Serious?」の振りつけの色々なハイライト動作を“ゾンビ踊り”、“むくっと踊り”など様々な名前で呼んで関心を寄せており、「Dream Girl」のスタンドマイクパフオーマンスに続き、もう一度話題を予感させている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-