聞きやすいトーンを掴もうと努力したが易すくはなかった

パク・ギウンが北朝鮮の方言演技をした感想を打ち明けた。

パク・ギウンはソウル建国大学新千年館で開かれた映画「隠密に偉大に」ショーケースで「俳優たちとも話をたくさんしたが僕たちの映画はヒューマンドラマなので、とても細かいが面白い部分が多い。北朝鮮の方言は強くて直っすぐで男性的な言語なので会話の流れを破ることもあるので気を付けた」と明らかにした。

パク・ギウンは映画で北朝鮮最高上層幹部の息子であると同時に歌手志望生リ・ヘランを演技した。妾腹の子という出生の苦しみを持っているが単純でサバサバした性格を持った。5446隊の訓練を耐えてスパイとして成長し、夢を抱いて南派される人物でロッカー志望生だが毎回のオーディションで落ちて苦しむ人物だ。

パク・ギウンは「北朝鮮スパイたちが村の住民たちに同化していく話なので主人公3人は北朝鮮の方言と韓国の方言を交ぜた。聞きやすいトーンを掴もうと努力したが易すくはなかった」と言った。

ポータルサイトDaumに連載されたHUN作家の同名WebToonを原作にした映画「隠密に偉大に」は町内馬鹿(キム・スヒョン)、ロッカー志望生(パク・ギウン)、高校生(イ・ヒョヌ)として韓国に隠れ住んでいる北朝鮮最精鋭スパイ3人の話を描いた作品だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-