僕の中にあるものをどんな風に取り出すかそんな事を悩んだ

キム・スヒョンがスパイと馬鹿を行き交いながら演技した感想を伝えた。

キム・スヒョンはソウル広津(クァンジン)区 建国大学新千年館で開かれた映画「隠密に偉大に」制作報告会及びショーケースで「ワン・リュファンである時に表現する事が多くて悩みだった」と言った。

キム・スヒョンは「村の人々と融化することをどんな風に表現するか、話にならないような悩みをしながら演技したようだ。ところで実は何よりもアクションスクールが大変だったし、体で表現する事だったので肉体的に辛かった」と明らかにした。

また、キム・スヒョンは「馬鹿の性格はどんな風に見せようか研究をしたというよりは実は僕の中にあるものをどんな風に取り出すかそんな事を悩んだ。すべての人々の心の中にバカな面があるのではないか。なのでもっと楽しい作業だった」と説明した。

ポータルサイトDaumに連載されたHUN作家の同名WebToonを原作にした映画「隠密に偉大に」は町内馬鹿(キム・スヒョン)、ロッカー志望生(パク・ギウン)、高校生(イ・ヒョヌ)として韓国に隠れ住んでいる北朝鮮最精鋭スパイ3人の話を描いた作品だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-