愛に対する痛みと別れへの切なさを描き出したバラード

BEASTとBTOB(ビートゥービー)がMBC水木ドラマ『男が愛する時』のOSTに参加した。

『男が愛する時』OST Part.4のタイトル曲「Bye Bye Love」は、BEASTとBTOBが意気投合して歌った歌で、ファンたちの熱い関心を得るものと見られる。

「Bye Bye Love」はドラマの主人公の交錯する愛に対する痛みと別れへの切なさを描き出したミディアムテンポのバラードで、感性的なアコースティックギターとピアノのライン、強いビートと中毒性の高いリフレインが引き立って見える。

ここにBEASTとBTOBの絶妙のハーモニーが交わりながら、視聴者たちの感性も刺激する展望だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-