『チャン・オクジョン、愛に生きる』の後続

下半期最高期待作として数えられているSBS新月火ドラマ「黄金の帝国」が7月より初放送を控えている。

SBSドラマ局の関係者は「『黄金の帝国』が7月1日、『チャン・オクジョン、愛に生きる』の後続として放送される」と伝えた。また、「『黄金の帝国』が企画初盤では30部作にしようという意見があったが、結局24部作に確定された。知られたところによると30部作として決めてから縮小編成したことではない」と説明した。

「黄金の帝国」は1990年代初以後20余年に至る韓国経済激動期に一財閥の家族間で開かれる熾烈な権力闘争と富力争奪戦を描いた家族政治ドラマだ。この作品は去年最高の話題作であるSBSドラマ「追跡者 THE CHASER」のパク・ギョンス作家とチョン・ナムグクPDがまた意気投合し、企画段階から話題を集めた。

一方、「黄金の帝国」は現在俳優コ・ス、ソン・ヒョンジュ、パク・グニョン、リュ・スンス、チャン・シニョン、ユン・スンアらの出演を決めた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-