退勤後と週末などを利用して個人的にダンス練習をしている

ヒチョルが8月末に召集解除されると同時にSUPER JUNIORに合流する。

ヒチョルの所属事務所は「ヒチョルが8月31日、召集解除直後SUPER JUNIORに合流するという意志が強い。召集解除と同時にSUPER JUNIORのワールドツアーのステージに上がるために準備中だ。4ヶ月ほど残った公益勤務の間、退勤後と週末などを利用して個人的にダンス練習をしている」と明らかにした。

先立って服務を終えたカンインの場合2012年4月に除隊して3ヶ月間の練習期間後、同じ年の7月にSUPER JUNIORニューアルバムに参加して公式的にチーム活動を再開した事がある。ヒチョルの復帰はSUPER JUNIORに大きな力になるように見える。

現在SUPER JUNIORは服務中のイトゥクと5月6日に訓練所へ入所予定であるイェソンがチーム活動から抜け、カンイン、シンドン、ソンミン、ウニョク、ドンヘ、シウオン、リョウク、キュヒョンら8人組としてワールドツアーを引き続けている。

一方、ヒチョルは2011年9月1日論山(ノンサン)訓練所に入所し、基礎軍事訓練を受けた後、城東(ソンドン)区役所で共益勤務要員として服務中だ。ヒチョルは共益勤務要員として服務して城東区役所構内ラジオ「休息がいる空間見えるラジオ」を進行した。

SUPER JUNIORは最近ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルーなど南米4ヶ国で「SUPER SHOW 5」の南米ツアーを盛況裏に終えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-