ジヨンとソヨンの助けを借りてプールから出る

T-ARA(ティアラ)のメンバーボラムが“身長の屈辱”を味わった。

ボラムはKBS2「出発ドリームチームシーズン2」ベトナム特集4弾T-ARA編で、他のメンバーと共にベトナムのモデルたちと水中対決を展開した。T-ARAとベトナム人モデルが、浮きの上で相手チーム選手を落とすゲームを行ったが、ボラムはゲームが進むほど難色を示した。

プールを中心にどんどん水深が深くなったためだ。小柄な身長のせいで屈辱を味わったボラムは「とても深い。どうするの」と困惑し、大声を出して笑いを誘った。ゲームで負けた後はジヨンとソヨンの助けを借りてプールから出て、より大きな笑いを届けた。

ボラムを助けたソヨンは「(ボラムの)足がつきません」と暴露し、ボラムは「歩けもしない。足が底につかない」としながら「私、死にかけたわ」と笑ってみせた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-