イ・ジョンソクとジヌンは私より年が幼い

俳優パク・セヨンが最近軍隊服務を終えた俳優ユ・ゴンをボーイフレンド相手に選んだ。

ソウル汝矣島(ヨイド)63シティジュニファーホールで開かれたKBS1ドラマ「至誠天に通じる」制作発表会で「ユ・ゴン先輩がボーイフレンドに一番似合うようだ」と言った。

引き続いて「『学校2013』で会ったイ・ジョンソクと現在『ミュージックバンク』でMCを引き受けている2AMジヌンは私より年が幼い。ジョンソクさんとはベストフレンドになることができるようだし、ジヌンさんは年が幼いが大人っぽい。MCで困った時もよくリードしてくれて実の兄が似合うようだ」と言った。

パク・セヨンは今回のドラマで幼い時代に保育園に養子縁組されたチェ・セヨン役を演技する。アナウンサー志望生だがリポーターのバイトをして生計を立てていく。大変な環境の中でも逞しくて明るい性格を持った。アナウンサー局長のキム・チュヒ(シム・ヘジン)が実の母として明かされて真正な家族愛を感じるようになる。

「至誠天に通じる」は幼い時代養子縁組されたチェ・セヨンが実の母と再会した後、養子縁組された家族と本当の家族の間で混乱を経験している途中、自分のアイデンティティを捜して葛藤を克服し、愛を捜して行く幸せを描く。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-