エルが直接写真を撮影して話を盛り込んだ93日間の記録を込めた本

グループINFINITEのメンバーエルが自分が直接写真を撮って、手書きで文を書いたフオトエッセイを発刊する。

先立ってエルは12日に公開した雪景色ティーザー映像を通じてフオトエッセイを予告して気になる気持ちを催した事がある。今回のフオトエッセイは当時ティーザー映像の最後に浮かんできた「L’s Bravo Viewtiful」をタイトルにしてエルが直接写真を撮影して話を盛り込んだ93日間の記録を込めた本だ。

今回のフオトエッセイを通じてエルはグループINFINITEのメンバーとしての派手な姿ではない20代序盤を過ごしている自らが経験するいきいきとした感性とこまごましい日常を写真と文で面白く盛り出して読者たちと共感を形成する予定だ。

所属事務所のウルリムエンタテインメント側は「エルはINFINITEの中では契約金を貰って一番先にカメラを買った位に写真を撮るのが好きだ。最近は写真作家の方と交流して写真に対して真摯に勉強をしている。写真そのものは不足な点もあるかも知れないが写真に盛られている真剣さと真実味ある話に愛情を持ってくださったらと思う」と伝えた。

一方、エルのフオトエッセイは来月に出刊予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-