肯定的なイメージを持つスター同士で、イメージアップ効果も期待 1

トップスターチョ・インソン(32)とキム・ミニ(31)が熱愛事実を認めるまで、わずか2時間しかかからなかった。互いに“Win-Win効果”を享受できるという判断の下、公開恋愛を選んだと伝えられる。

2人の熱愛関連の最初の報道は今月24日午前にふくらんだ。デートを楽しむ姿が写真に撮られて証拠資料として提示されたが、2人が共に写った写真がなく「否定もできる」という話が出ていた。それでも両者の所属事務所はわずか2時間で「良いお付き合いをしている」と立場を明らかにした。偶然に知人と同席した席で初めて会い、今年初めから交際をスタートして現在交際4ヶ月だという。

大衆が芸能人の異性交際を自然に受け入れるといっても、トップスターが熱愛説に包まれれば活動が不自由になるのが事実。「すでに相手がいる」というイメージができ、作品選択に支障ができるだけでなく、公式席上に出てくるたびに関連の質問をされて困ることになる。いわゆる“レベルの差”が出るスターどうしが交際した場合は、人気があった方が打撃を受けたりもする。反面、互いにレベルがよく合うスターどうしが順調に交際を続けて結婚まで運べば、かえってイメージがアップしたりもする。