他の歌手の曲に作詞家として参加したことは今回が初めてだ

東方神起のチャンミンがSHINeeのアルバムに作詞家として参加した。

SHINeeは4月26日、3rdアルバムChapter2「Why So Serious?-The misconceptions of me」の音源を公開する。今回のアルバムは2月に発表したChapter1「Dream Girl-The misconceptions of you」を引き継ぐアルバムで、「Why So Serious?」というタイトル曲で活動する予定だ。

今回のアルバム収録曲の中で特に目立つトラックは「去ることができない」という曲だ。東方神起のチャンミンが作詞に参加した曲と知られながら音源公開の前から話題を集めている。

チャンミンが他の歌手の曲に作詞家として参加したことは今回が初めてだ。しかし、チャンミンは今回のSHINeeの曲以前にも「Evergreen」「Love in the ice」「12時34分」「告白」「I Swear」「記憶によって」などを通じて作詞の実力を披露してきた。特有の感性的な表現でミュージシャンとして力量を見せてきた。

SMエンタテインメントの関係者は「チャンミンが普段から作詞に関心が高くて他のアーティストの曲にも参加して見たいという考えを持っていた所にSHINeeの『去ることができない』という曲に参加するようになった」と言った。

引き続いて「この曲の作詞を受ける時、多くの作詞家たちが支援したがその中でもチャンミンのが一番良いという判断によって選択するようになった」とビハインドストーリーを明らかにした。

一方、チャンミンは KBS2TV「うちの町内の芸能と体育の能力者」のレギュラーメンバーとして活躍中で、4月27日に埼玉スーパーアリーナを始まりに5大ドームツアーに出る。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-