皆さんが主人公というメッセージをこの映画を通じて伝達したかった

最長寿プログラム「全国のど自慢」を素材にした「全国のど自慢」マスコミ試写会がロッテシネマ建大入口で開かれた。

この日の試写会にはイ・ギョンギュ、インエンインピクチャーズ代表とイ・ジョンピル監督、出演俳優のキム・イングオン、リュ・ヒョンギョン、ユ・ヨンソク、イ・チョヒが参加した。

「覆面ダルホ」以後6年ぶりに映画を制作したイ・ギョンギュは「人生を過ごしながら誕生日以外には本人自らが主人公である日がない。そんな人生で『全国のど自慢』は舞台の上で主人公になって一日を楽しむことができるきっかけだという気がした。皆さんが主人公というメッセージをこの映画を通じて伝達したかった」と制作の意図を伝えた。

イ・ジョンピル監督も「映画を見て観客たちが楽しく劇場を出ることができたら良いという考えばかりをした。平凡な話を非凡にさせて見ようとイ・ギョンギュ代表と努力した」と演出に重点を置いた部分を明らかにした。

「全国のど自慢」はそれぞれ違う事情を持った「全国のど自慢」の参加者達の姿を通じて笑いと感動を伝える映画だ。韓国で5月1日に公開予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-