約8,000人の現地ファンを熱狂

アイドルグループSUPER JUNIORが韓国グループで初めてブラジルで単独コンサートを開いた。

SUPER JUNIORはブラジルサンパウロクレディットカードホール(Creditcard Hall)で「SUPER JUNIOR WORLD TOUR 『SUPER SHOW 5』IN SAO PAULO」コンサートを開催して約8,000人の現地ファンを熱狂させた。今回の公演は韓国グループ初のブラジル単独コンサートでSUPER JUNIORが南米で披露する初めての単独ステージだった。

SUPER JUNIORはこの日デビュー曲「Twins」「Sorry Sorry」「美人(BONAMANA)」「Mr.Simple」「Sexy,free & Single」などのヒット曲パレードとユニットステージなど総24曲の盛りだくさんなステージをプレゼントした。SUPER JUNIORの所属事務所SMエンタテインメントによればとても熱い公演雰囲気に気を失うなどタンカーに乗って運ばれて行ったファンが約140人に達した。

現地医療チームも「初めてある事だ」と言いながらSUPER JUNIORの人気に驚いたという裏話だ。SUPER JUNIORは「南米ツアーのために25時間を飛行して来た。遠い距離にあると思ったがステージで見たら本当に近く感じられる。デビューの時はブラジルで単独コンサートをするとなんて想像もできなかったが新しい記録を立てることができるようにしてくださったファンのみなさんに本当に感謝する」と感謝の気持ちを伝えた。

一方、SUPER JUNIORは23日、アルゼンチンブエノスアイレスで「SUPER SHOW 5」南米ツアーを引き続ける。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-