“野獣アイドル”特有のセクシーさV.S. パワフルなパフォーマンス1

先週末の今月20日と21日、日本列島は韓国のアイドルで熱かった。2PMは東京ドームでG-DRAGON(Gドラゴン)は埼玉・西武ドームで総勢19万人を熱狂させた。

2PMは2010年12月に日本へ初進出し、2年5ヶ月で日本の”夢の舞台”と呼ばれる東京ドーム公演を行った。韓流アイドルの中で最も速い速度で東京ドームに立ったわけだ。デビュー5周年を祝う舞台でもある今回のコンサートで2PMは「新しい出発点」としながら「アイドルとして始めたがアーティストとミュージシャンとして新たに出る良い機会」と話した。

今月6日の福岡ドーム公演を皮切りに4都市8公演の日本ツアーを進行中のG-DRAGONは、埼玉でまた別の韓流ブームを導いた。特にG-DRAGONの今回の4大ドーム(西武、京セラ、大阪、福岡)ツアーは海外アーティスト史上初だ。G-DRAGONは「ソロで初めての日本コンサートで心配もしたが(ファンの)皆さんと共に楽しむことができてうれしい。次は私ひとりではなく、BIGBANG(ビッグバン)メンバー全員と共にしたい」と伝えた。