有名俳優たちのレッドカーペットを始まりに

イ・ピルモが大鐘賞短編映画祭の進行を引き受ける。

イ・ピルモは全羅南道(チョンラナムド)高興(コフン)パク・チソン公設運動場で開かれる第50回大鐘賞短編映画祭の授賞式の司会者に選定された。

第50回大鐘賞短編映画祭は有名俳優たちのレッドカーペットを始まりにシン・グ-キム・ジヨン主演の「不倫」が開幕作として上映される。また国楽アンサンブルシナウィのOSTコンサート、有名歌手たちの祝賀ステージが予定されている。

20日午後には即興的に開かれるスターオーディション大会が開催される予定なので俳優を夢見る志望生たちの関心を受けている。最後の日には一般部10部門、青少年部1部門など総11部門に対する授賞式がある予定だ。

アイドルグループの祝賀ステージと閉幕作「123KM」の上映を最後に大詰めの幕を閉じる。第50回大鐘賞短編映画祭は4月18日から21日まで進行される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-