健康関連広告モデルとしてキム・ジュヒョクの株価が高くなっている

俳優キム・ジュヒョクが溢れだすCMのラブコールに歓喜の声をあげている。

キム・ジュヒョクの所属事務所ナムアクターズの関係者は「最近キム・ジュヒョクに製薬会社と健康補助食品などのCMの問い合わせが鳴り響いている」と明らかにした。

キム・ジュヒョクが現在MBC一日時代劇「クアムホジュン」のタイトルロールで普段から信頼感を与えるイメージに名医のホジュンのイメージまで加わりながら健康関連広告モデルとしてキム・ジュヒョクの株価が高くなっている。

この関係者は「ドラマがもう少し展開してホジュンが名医になって医術を広げる姿が出るくらいなら広告の契約が成功するのではないかと思う」と期待した。

引き続いて「最近人々が『ホジュン』と言えばよく思い浮かぶ名場面の中の1つが出たためドラマの視聴率も上がるなど関心がもっと高くなった。キム・ジュヒョクが人々が期待するホジュンの姿に近くなるほどドラマが上昇の勢いに乗ることが期待される」と言った。

放送した話の劇中でホジュンがホジュンの師匠であるユ・ウィテ(ペク・ユンシク)がヨクチャン患者の血膿を口で直接洗って治療して、これを感銘深く見たホジュンがユ・ウィテのような心医になると決心する場面がファンの目を捕らえた。

一方、歳月の流れを見せてくれてひげまで付けて成熟さを加えたキム・ジュヒョクがこれからユ・ドジ(ナムグン・ミン)と張り詰める競争の構図を広げて緊張感を高める見込みだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-