国内で初めての水泳映画にキャスティングされてとても光栄だ

ブラウン管の「流行男」こと俳優のイ・ジョンソクとソ・イングクがスクリーンで遭遇する。

ナイノスエンタテインメントは「イ・ジョンソクとソ・イングクが映画『No breathing(ノーブリージング)』の主演俳優にキャスティングされた」と明らかにした。「No breathing」は夢と家族、愛、友情という普遍的人生を話題に水泳という素材が加わった作品だ。

タイトルである「No breathing」は無呼吸状態で水の勢いを除く特別な泳法を意味する水泳専門用語だ。劇中でイ・ジョンソクはプライドが強い国家代表水泳選手のウサン役を引き受けた。ウサンは常に1位だけを狙わなければならないというプレッシャーを感じて孤独な青春を生きて行くキャラクターだ。彼はモデル出身らしいボディと水泳の実力まで誇示してスクリーンでも存在を発揮する予定だ。

またソ・イングクは水泳の天才ウオニル役を引き受けてスクリーンに初めての一歩を踏み出す。ウオニルは水泳を遠ざけてきたが結局水泳でもう一度跳躍を狙う人物でイ・ジョンソクが演じるウサン役と対立する。歌手としても俳優としても成功的に変身した彼が映画俳優として定着することができるかに関心が集まっている。

イ・ジョンソクは「国内で初めての水泳映画にキャスティングされてとても光栄だ。素敵な国家代表選手に変身するために今回は厳しめのトレーニングを受けているところなので多くの期待をお願いします」と言った。

ソ・イングクもやはり「何よりウオニルになりたかったし、早くその子と近くなりたかった。この作品が人間ソ・イングクとしての発展にも大きな分岐点になるだろう」と感想を伝えた。

一方、「No breathing」は5月中旬にクランクインして下半期に観客たちに会う予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-