すべてを完璧にこなす彼女ができないこと

映画「モンタージュ」を通じて15年前に子供を失ったママ役を引き受けて熱演するオム・ジョンファが「恋愛が今年の目標だ」と明らかにして注目を集めた。

ソウル広津(クァンジン)区 建国大学 新千年記念館で映画「モンタージュ」の主演俳優オム・ジョンファ、キム・サンギョン、ソン・ヨンチャンとジョン・グンソブ監督が参加した中に特別ショーケースが開かれた。主演俳優たちが参加して作品に対する話を交わした。

今回の作品で15年前に子供が失って胸の中に恨みを抱いて過ごすママ役を引き受けたオム・ジョンファは演技なら演技、歌なら歌、すべてを完璧にこなす彼女ができないことは何かと言う観客たちの質問に「恋愛かな?今年の目標です」と言った。

今回の映画「モンタージュ」は勿論、「終わりと始まり」「ダンシングクイーン」「ベストセラー」など多様なジャンルの映画で安定的な演技を披露して来たオム・ジョンファは今回のショーケースを通じてサプライズ公開された自分の15年前の「POISON」ミュージックビデオを見て照れくさい表情を見せたりした。

しかし相手役であるキム・サンギョンの積極的な勧誘で舞台で「POISON」のダンスの一部分を果敢に披露したりした。

これに対して「モンタージュ」で15年前の誘拐事件の解決のために孤軍奮闘する刑事「チョンホ」役を引き受けてオム・ジョンファと演技呼吸を広げる俳優キム・サンギョンは「オム・ジョンファが過去合唱団で歌った時からファンだった」とオム・ジョンファの真正なファンな事を立証した。

引き続き彼は女優たちは冷たい面があるのにオム・ジョンファは人が良くて大ざっぱだと言いながら「お酒を本当によく奢ってくれる。ずっと奢って貰う予定だ」と言って一同を爆笑させるようにした。

オム・ジョンファは今回の作品を選択した理由でシナリオを一番先に提示した。「モンタージュ」は15年前の誘拐事件が同一に繰り返されるという設定のために「時間」を扱う方式が映画全体で一番重要なポイントになる。

ここにオム・ジョンファは「15年という時間を構成する技法が新しくて気に入ったし、ハギョンという人物に多くの憐れみを感じた」とシナリオを初めて受けた時の感想を明らかにした。

一方、オム・ジョンファだけでなくキム・サンギョン、ソン・ヨンチャンら最高の演技力を誇る俳優陣が一緒にして耳目を集めている映画「モンタージュ」は韓国で5月16日に公開される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-