僕も準備を熱心にしようと努力し、その頃の時代背景を勉強した

グループ2AMメンバーのイム・スロン(スロン)が初時代劇への挑戦に対して周りの反応を伝えた。

スロンはソウル江南(カンナム)区 インペリアルパレスホテルで進行されたKBS2TV 新水木ドラマ「天命:朝鮮版逃亡者の話」制作発表会に参加して感想を明らかにした。

この日スロンは「メンバーたちの反応は僕が見せた事のないイメージを見せるので不思議に思っている。メンバーのチョグオンも現在KBS2TV『職場の神』で演技しているので励まされる」と言った。引き続き、「僕も準備を熱心にしようと努力し、その頃の時代背景を勉強した。先輩たちもあれこれ教えてくださって上手く参加している」と言った。

劇中スロンは中宗の息子であると同時に後にインジョンとなるイホ役を引き受けた。2つの顔を持った不運の皇太子でチェ・ウオン(イ・ドンウク)と竹馬の友だ。

「天命」は朝鮮時代中宗末年、王世子の主治医が悽惨に殺害されたまま発見されながら話が始まる。内医院衣冠チェ・ウオン(イ・ドンウク)が濡れ衣を着せられるが劇的に脱獄しながら醜い真実たちが現われる。一方、「天命」は韓国で24日より初放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-