「まだ内部で議論中」

パク・シフ:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

性暴行疑惑で検察に送検された俳優パク・シフが、新しい法律代理人として法務法人チュンジョンを追加選任したという報道に対して、チュンジョン側が用心深い反応を見せた。

チュンジョンのある関係者は「一部の諮問業務を引き受けたのは事実だが、まだ契約書を作成していない。追加選任だと話すには用心深い段階。現在、検察で捜査を進めている事件なので、何とも申し上げ難い。担当弁護士などの具体的な事案がまだ決まっていない。これに対して内部で議論中」と付け加えた。

先日、あるメディアが、最近パク・シフが、現在事件を受け持っている法務法人プルメと共に、チュンジョンを共同弁護人として選任したと報道した。パク・シフは、2月に芸能人志望生A氏を性暴行した疑惑で警察調査を受けた。

事件を担当した西部警察署は、当事者陳述、CCTV動画、携帯メッセンジャーの内容、国立科学捜査研究員の鑑定結果などを総合し、パク・シフを準強姦、強姦致傷疑惑で今月の初め検察に送検した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-