愛する女性のために危ない取引きを敢行する「ダニエル」役

歌手チョン・ドンハ(復活所属)、イ・チャンミン(2AM所属)、ミュージカル俳優パク・ジヌが5月に開幕するミュージカル「Jack The Ripper(ジャック・ザ・リッパー)」に合流したと製作社エムミュージカルカンパニーが明らかにした。

彼らは作品で愛する女性のために危ない取引きを敢行する「ダニエル」役に扮する。また2011年と2012年にこの役を演技した歌手ソンミン(SUPER JUNIOR所属)も同じ役に再抜擢された。

残酷な殺人魔「ジャック」役はシン・ソンウ、キム・ボブレ、チョ・スンチャンらがキャスティングされて引き受ける。この他にもイ・ゴンミョン、ミン・ヨンギ、ソ・ジヨン、ヤン・コンニム、ジェイミン、キム・ヨジンらが作品に参加する。

「Jack The Ripper(ジャック・ザ・リッパー)」は1888年イギリスロンドンで売春婦たちを惨く殺害した連族殺人犯を素材にしたチェコミュージカルだ。韓国内では2009年に初演された。

ミュージカル「Jack The Ripper(ジャック・ザ・リッパー)」公演は5月29日〜6月30日まで京畿(キョンギ)道 城南(ソンナム)アートセンターで開かれ、7月16日〜9月29日までソウルディーキューブアートセンターで開かれる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-