韓国の良いものなどをたくさん持って、海外に出て行く計画 1

歌手PSYが、「ジェントルマン」の振り付けで再解釈した小生意気ダンスの著作権を公式購入したことが分かった。

まだ振り付けには著作権の概念がなく、ダンスをリメイクする際も特に著作権の購入をする必要はないが、PSYは最近、Brown Eyed Girlsの小生意気ダンスを誕生させたYAMA&HOTCHICKS(ヤマアンドホットチックス)側に著作権料を支払ったことが、今月14日確認された。

一部では、PSYが小生意気ダンスを再び持ち出したことに対して憂慮の声があったが、実際はPSYの再解釈は公式的なリメイクだったのだ。

海外ではすでに小生意気ダンスが注目されている。このダンスが、公式リメイクなのか恣意的な再解釈なのかとの報道も入り乱れている。英国インディペンデント紙は「この振付けが、韓国ガールズグループBrown Eyed Girlsの2009年のシングル『Abracadabra』の腕組みをした動作、セクシーな尻の動きなどをリサイクルしたというツイッターの意見もある」と報道し、このダンスの正体に関心を持ち始めた。