紅一点のガインに関心が集中している状況だ

ガインがヒョナを飛び越えることができるだろうか。

歌手PSYの新曲「ジェントルマン(GENTLEMAN)」の音源が12日公開されながら、ミュージックビデオに出演する「無限挑戦」のメンバーたちとガインに関心が集中している。

それもそのはずなのがPSYの「江南スタイル」ムービーに出演したユ・ジェソク、ノ・ホンチョル、ヒョナが世界的でも話題になったため新曲のミュージックビデオに出ているメンバーに関心が集まっており、特に紅一点のガインに関心が集中している状況だ。

ヒョナはPSYの「江南スタイル」出演以後、多国籍企業と公演業社からラブコールを受けた。先立ってPSYは「新曲の振付とミュージックビデオに悩んでいる。韓国内ファンはもう知っているが、外国のファンは分からない振付だ」と仄めかしてガインのトレードマークである「シゴンパンダンス(腰を振るダンス)」を披露することを確実視させた。

ガインの「シゴンパンダンス(腰を振るダンス)」はすでに中毒性の面や官能美の部分では「アブラカタブラ」で見たように合格点を与えることができる。しかし、ヒョナのような「ワールドスター」として存在誇示するためにはまだまだ超すべき点数たちが残っている。

ヒョナが「第2のPSY」と呼ばれてワールドスターとしての立場を誇示することができた理由は「江南スタイル」のYou-Tube映像のクリック数の影響力が一番大きかった。You-Tubeサイトの映像ヒット数が15億件を突破する記録を立てて、PSYはもちろんヒョナの顔を知らせることができた良いきっかけになったのだ。すなわち、今回のガインの勝敗可否もミュージックビデオに掛かっている。

MBC「無限挑戦」メンバーたちの出演とガインが力を合わせた今回のミュージックビデオが全世界の人の耳目をもう一度捕らえるかは時間をかけて結果が出るだろう。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-