神話とファンに心より感謝の言葉を伝える

神話(SHINHWA)がラーメン花輪を子供村に寄付した。

米花輪で知られた社会的企業分かち合いストアによればグループ神話がラーメン花輪1,280個を陽川(ヤンチョン)区に位置したソウルSOS子供村に寄付したと明らかにした。

神話が寄付したスターミーラーメン花輪は3月に神話デビュー15周年コンサートを応援するために神話の公式ファンクラブ「神話創造」と「日本サポーターズSHINUTS」が送ったことと知られた。ソウルSOS子供村は親がいないなど補助を受けることができなくなった子供達をSOSの家庭の中で自立するまで保護し、養育する児童福祉施設だ。

ファンが寄付したスターミーラーメン花輪1,280個はソウルSOS子供村に伝達され、団体が保護し、養育している子供達のために提供される予定だ。ソウルSOS子供村のチーム長は「神話とファンに心より感謝の言葉を伝える。成熟されたファンクラブの文化がいっそう進化していて苦しい団体たちに多くの力になっている」と明らかにした。

一方、神話エンディとチョン・ジンは3月にも京畿(キョンギ)道 水原(スウオン)に位置した老人養老施設「平和の母后院」に米花輪400kgを寄付した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-