「当分バラエティはしないだろう」1

俳優チュ・サンウクが、最近打ち切られたKBS2「男の資格」に出演中、深い苦悶に陥っていたと告白した。

チュ・サンウクは今月10日午後、ソウル・上岩洞(サンアムドン)CGV上岩で開かれたケーブルチャンネルOCNドラマ『特殊事件専門担当班-TEN2』の製作発表会で、バラエティと演技についての内心を明らかにした。チュ・サンウクはこの席で「『男の資格』で、人間チュ・サンウクの姿を見せたようだ。演技は実際の僕と違う姿を演じる時がおもしろい」と話した。

彼は「室長や会長の役も同じだ。そういう役を演じる時、何だかちょっと気分が良い」と伝えた。

チュ・サンウクは「男の資格」出演後、大衆の視線が悩みになったと明らかにした。彼は「『男の資格』シーズン2はやらないだろう。実はバラエティに出演して大いに心配した」と話した。