まだいつ再度合流すると正確には申し上げにくい

「神話放送」がしばらく5人体制で進行される。

総合編成チャンネルJTBC「神話放送」のユン・ヒョンジュンPDは「ドンワンがドラマ撮影と神話アルバム作業など忙しいスケジュールのためにしばらく撮影ができなくなった」と明らかにした。

ドンワンは現在KBS1連続ドラマ「頑張れ、ミスターキム」で男性主人公のキム・テピョン役を引き受けて熱演を広げている。「頑張れ、ミスターキム」は26日に放送終了する。

これに対して担当のPDは「ドンワンがこれまでとても忙しく駆けて来たからドラマが終わっても直ちに合流することではない。ドラマが終わった後にも少し休息期を持つ可能性もある。まだいつ再度合流すると正確には申し上げにくい」と説明した。

「神話放送」は3月WBC単独中継とプログラム調節費のため一カ月ほど休憩期を持った。以後7日「オリジナルの味バラエティー」という新しいコンセプトで放送を再開した。しかしこの日ドンワンはドラマ撮影によってやむを得なく参加できなかったし、当分「神話放送」はドンワンを除いたエリック、シン・ヘソン、チョン・ジン、イ・ミヌ、エンディら5人体制で進行するようになった。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-