本当に情熱的な俳優だ

ヨン・ジョンフンがハン・ジヘの1人2役の演技を称賛した。

俳優ハン・ジヘはソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区 汝矣島(ヨイド)63ビル別館ジュニファールームで開かれたMBC新週末ドラマ「金よ出てこい、さっさと!」製作発表会で「デビュー後初めて1人2役を引き受けるようになった」と話した。

劇中でハン・ジヘは宝石デザイナーが夢である路上の安物アクセサリー商売人であるチョン・モンヒ役を引き受けた。これに対してハン・ジヘは「画譜や雑誌撮影を通じて堂々として強烈なメイクとコンセプトでの姿をたくさんお見せしてきたがドラマを通じては初めてだ。劇中でもう一人のキャラクターのユナというキャラクターは非常に傲慢な人物だ。メイクとヘア、衣装などビジュアル的な面で気を付けた」と説明した。

引き続き「このドラマを私が必ずやりこなすという強い意志を持って撮影に臨んだ。キャラクターが2つなので他の人よりもっと多くの努力をした。全く違う2人の人物を表現するために日夜悩んだし、周辺の人々にもアドバイスを求めた。ドラマにキャスティングされた後はほとんど寝る間がないほどとても努力している。結果が上手く出ればとても幸せなので良い結果のために最善をつくしている」と話した。

イ・ヒョンソンPDは「ハン・ジヘと初めて作品をするようになったが意気投合がうまくできた。まるで2ヶ月位一緒に呼吸を合わせたように上手く合った。ハン・ジヘがユナとして演じる時『なにかが憑りついたのか』と思うほどに驚いた。『本当にハン・ジヘなのか?』と思う位にユナというキャラクターについての僕の考えとよく合ったし、顔を赤くしたことも多かった。ハン・ジヘがユナとして変身する時は本当に僕も恐ろしいほどだった。キャラクターをよく表現しているようだ」と誉めた。

ヨン・ジョンフンはハン・ジヘに対して「本当に情熱的な俳優だ。ハン・ジヘの台本を見れば驚く。とても多くのことをメモしていた。本当に監督のお話しのように憑りつかれた演技を見せてくれた。個人的な演技欲がとても多い俳優だと思う。衣装にも多くの気を使う。自費で衣装をたくさん購入していた」と明らかにした。

引き続き「ハン・ジヘが今回の役に渾身の力をつくしているようで横で助けるために努力している」と付け加えた。

一方、「せがれたち」の後続に放送される50部作「金よ出てこい、さっさと!」は上流層を熱望しながら生きて行く中流層の見栄と実際を風刺的に描くヒューマンドラマだ。4月6日に韓国で初放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-